ムダ毛処理後に起きる炎症の原因と対処法とは

4e3951b4ced30d2a195ca2fa9071806e_s

むだ毛処理で最大の問題と言うと、ムダ毛処理後に起きる炎症ですよね。

この炎症には、足にブツブツができる、色素が沈着してシミになる・黒ずむ、赤く腫れ上がるなど、程度の違いはありますがこれらは全て、毛穴の炎症から発生するものです。

主な原因は
・無理に毛を抜く
・古いかみそり(雑菌だらけ)
が原因と言われています。

最初は毛穴の炎症として症状が出ますが、それから色素沈着の原因となり、さらに酸化や雑菌などにより次第に黒ずみや腫れの原因となってきます。足などをスッキリ美しくしたくてむだ毛の処理をするのに、そうなったらまったく意味ないですよね。

なのでガムテープなどを使ったり、直接抜き取いたりする強引な方法は絶対にいけません。

また、市販されている脱毛器を使ってこれらの炎症から起こる症状になる場合もあります。脱毛器を使う場合には、口コミなどで評判をチェックするのが大切ですし、初めて使うものなら、症状をみながら少しずつ行っていくのが鉄則です。

毛抜きの場合はわかりやすいですが、かみそりで剃る一般的なむだ毛処理は、特に刃の古さは気をつけた方がよいでしょう。切れ味が鈍ることで毛を痛めつける原因となりますし、また、雑菌も繁殖しますので剃ったときにできた細かいキズから雑菌が入り込む場合があります。

今までと同じ処理方法でも、急に痒くなった・赤く腫れた、といった症状がでたら、それが原因です。

炎症してしまったら、保湿などのケア、ハイドロキノンなどで美白、肌代謝を高める努力をしていかなくてはなりません。
「あれっ、おかしいな?」と思ったら、迷わず皮膚科にいって相談していくことも大事ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ