お風呂でムダ毛処理をするコツと注意点とは

c0d686e3ed430e0a9a1786fb144d992b_s

お風呂入ったついでにムダ毛処理を済ませてしまう方は少なくないと思います。お風呂でムダ毛処理をする場合の基本は湯船に入って処理するむだ毛をよく温めて柔らかくしてから処理するのが基本です。


処理するムダ毛が温まったら、次にシェービングクリームを塗って、かみそりで剃って行くと思うのですが、ココでお風呂でムダ毛処理をするコツがあるのです。


かみそりは決して強く皮膚に押し当てない事。
深剃りさせたい気持ちはわかりますが
皮膚を傷つける原因になっているのです。


皮膚を傷つける以外にも毛穴付近に菌が入り込んでボツボツになったり、刺激とキズで色素沈着で黒ずむ原因にもなるので、強い力を加えず優しくムダ毛処理するようにしましょう。


優しくムダ毛処理する方法は
まずはT字かみそりの一番後ろを指でやさしく持ちます。力を入れずにつまむ程度。
そう持ったら、まずは毛の生える方向に逆らわないように刃をすべらします。


そのあと逆向きに剃っていきます。
このやり方でもお肌がかさつくようなら
逆向きはやめておいたほうが良いです。


剃った後は保湿ケアすれば完璧
お風呂なら良く泡立てた石鹸やボディーソープがすぐにあるので、むだ毛を剃るにはおすすめですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ